校友会会則

校友会会則改正について

より活発な校友会活動の展開を目指して

藤嶺校友会会則改正

 

“会員相互の親睦と、母校の発展への寄与”という校友会本来の目的に沿って、より活発な活動の展開を目指し、会則を一部改正致しました。

主な改訂点は次の二点です。

1)総会を毎年開催する(現行は3年に一回)

2)教職員を特別会員とする(現行は顧問)

3)評議員選出を会員推薦とする(現行は役員推薦)

改訂の主旨

第一点は母校を共有するものの“絆”を強めるため、多くの会員が一堂に会する機会として総会(それに伴う懇親会)を校友会活動の中心に位置付け、毎年の開催とします。第二点、卒業生にとっては恩師あっての母校であり、既に退職された方を含め、本学園出身以外の教職員の方々にも等しく校友会の組織の輪に加わっていただくこととします。第三点は、卒業年次ごとに選出される評議員は、校友会と会員を繋ぐもので、全会員の声を会の運営に反映させる役割りを担うことを明らかにするものです。

 

この改正案は平成23115日に開催した臨時総会に提案し、全会一致で承認されました。

以下に改訂された会則全文を掲示します。

  __________________________________

 

 

藤嶺学園藤沢中・高等学校校友会会則

           (平成23年11月5日改定)

第1章  総    則

(名   称)

第1条   本会は、藤嶺学園藤沢中・高等学校校友会(略称「藤嶺校友会」)と称する。

(事 務 局)

第2条   本会の事務局を、藤嶺学園藤沢中・高等学校(これを本校と称する)の校内に置く。

(目   的)

第3条   本会は、会員相互の親睦をはかり、活発な同窓会活動を展開して、母校の発展に寄与することを目的とする。

(組   織)

第4条   本会は、次の各項に揚げる者をもって構成する。

1 正会員

(1)  藤嶺学園藤沢高等学校を卒業した者

(2)  藤嶺学園藤沢中学校(旧制及び新制)を卒業した者

(3)  旧制藤沢中学校において、4年次を終了した者

(4)  中途退学者で、本会が会員たることを承認した者

    2 特別会員 前項各号に該当しない本校専任教職員及びその退職者

(事業活動)

第5条   本会は、第3条の目的を達成するために必要な事業活動を行う。

(委 員 会)

第6条   本会は、前条の事業活動を遂行するために委員会を設ける。委員会の規定は別に定める。

 

第2章  役員・評議員

(役   員)                                

第7条  本会に次の役員を置く。

     (1)顧  問    若干名

     (2)会  長     1名

     (3)副 長     3名以内

     (4)会  計     2名

     (5)会計監査     2名

     (6)幹  事    25名以内 

 

(役員の任命)

第8条  役員は役員会が選考し、総会の承認に基づいて任命する。

(役員の職務)

第9条  役員の職務は、その職分に応じて、それぞれ次に揚げるところによる。

(1)  会長は本会を代表して、会務を運営する。

(2)  副会長は会長を補佐して、会長に事故あるとき、もしくは欠けたときは、協議して会長の職務を代行する。

(3)  会計は本会の財務を管掌し、会計を処理する。

(4)  会計監査は財務会計の状況を監査する。

(5)  幹事は本会の運営にかかわる事務を分掌し、その執行に当たる。

(6)  役員は評議員会に出席するものとする。

(評 議 員)

第10条  本会に評議員を置く。評議員は卒業年次毎に若干名とし、会員の推薦に基づき、会長が委嘱する。

(評議員の職務)

第11条  評議員の職務は、次に揚げるものとする。

(1)  重要案件議決に関すること

(2)  役員の選任に関すること

(3)  校友会行事を推進すること

(役員・評議員の任期)

第12条  役員及び評議員の任期は、それぞれ3年とする。ただし再任を妨げない。

    2 後任として就任した役員及び評議員の任期は、前任者の残任期間とする。

    3 役員及び評議員は、任期満了に伴う改選が行われるまで、その職務を遂行する。

 

第3章  会   議

 

(総   会)

第13条  総会は定期総会並びに臨時総会とする。

    2 定期総会は年1回開催しなければならない。

    3 臨時総会は、役員会、評議員会が必要と認めたときは、速やかに開催しなければならない。

(役 員 会)

第14条  役員会は1会計年度につき、2回以上開催しなければならない。

(評 会)

第15条  評議員会は1会計年度につき、1回以上開催しなければならない。

(議 件)

第16条  各会議に付される議案は、すべて出席者の過半数の賛成をもって決する。賛否同数の場合は、議長もしくは座長が決する。ただし、会則の制定及び改廃に関する議案については、総会出席者の三分の二以上賛成とする。

 

(議 項)

第17条  総会、役員会、及び評議員会において審議、議決する事項は、前条に規定した本会の組織・事業活動、ならびに役員・評議員の職務に関するものとする。

 

第4章  会   計

 

会   計)

第18条  本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

第19条  本会の財源は、会費及び寄付金等をもってこれに充てる。

 

第5章  事  務  局

 

(事務局の設置)

第20条  本会に事務局を設置する。

    2 事務局に若干名の事務担当を置く。

 

第6章    雑    則

 

(顕   彰)

第21条  会員もしくはその他の者が、本会または本校に対して顕著な貢献があると認められた場合は、役員会の協議により、賞状及び記念品を贈呈して、これを顕彰することができる。

(罰   則)

第22条  会員が本会または本校の名誉を著しく傷つける行為があった場合は、役員会は当該会員に対して、除名等の処分をすることができる。

(順 項)

第23条  会員は、自己または他の会員に、会員名簿の記載事項を訂正する事由が生じた場合は、速やかに本会に通告するものとする。

 

付   則  1 この会則は、大正14年5月17日施行。

       2 昭和51年6月26日改正。

       3 昭和53年9月23日改正。

       4 昭和56年9月23日改正

       5 昭和57年5月16日改正

       6 平成5年5月23日改正

       7 平成13年4月1日改正

       8 平成16年5月15日改正

       9 平成18年5月27日改正

      10 平成19年10月15日改正

      11 平成23年11月5日改正

 

 

藤嶺学園藤沢中・高等学校校友会会則

(平成19年10月15日改定)

第1章      総    則

(名   称)

第1条     本会は、藤嶺学園藤沢中・高等学校校友会(略称「藤嶺校友会」)と称する。

(事 務 局)

第2条     本会の事務局を、藤嶺学園藤沢中・高等学校(これを本校と称する)の校内に置く。

(目   的)

第3条     本会は、会員相互の親睦をはかり、活発な同窓会活動を展開して、母校の発展に寄与することを目的とする。

(組   織)

第4条     本会は、次の各項に揚げる者をもって構成する。

1正会員

(1)    藤嶺学園藤沢高等学校を卒業した者
(2)    藤嶺学園藤沢中学校(旧制及び新制)を卒業した者
(3)    旧制藤沢中学校において、4年次を終了した者
(4)    中途退学者で、本会が会員たることを承認した者

2名誉会員 前項各号に該当しない本校選任教職員及びその退職者

(事業活動)

第5条     本会は、第3条の目的を達成するために必要な事業活動を行う。
(委 員 会)

第6条     本会は、前条の事業活動を遂行するために委員会を設ける。委員会の規定は別に定める。

第2章      役員・評議員

(役   員)

第7条  本会に次の役員を置く。

(1)顧  問    若干名
(2)会  長     1名
(3)副 会 長     3名
(4)会  計     2名
(5)会計監査     2名
(6)幹  事    25名以内

(役員の任命)

第8条  役員は役員会が選考し、総会及び総会不開催の年度における評議員会の承認に基づいて任命する。

(役員の職務)

第9条  役員の職務は、その職分に応じて、それぞれ次に揚げるところによる。

(1)    会長は本会を代表して、会務を運営する。
(2)    副会長は会長を補佐して、会長に事故あるとき、もしくは欠けたときは、協議して会長の職務を代行する。
(3)    会計は本会の財務を管掌し、会計を処理する。
(4)    会計監査は財務会計の状況を監査する。
(5)    幹事は本会の運営にかかわる事務を分掌し、その執行に当たる。
(6)    役員は評議員会に出席するものとする。

(評 議 員)

第10条  本会に評議員を置く。評議員は各卒業年次毎に若干名とし、役員会の審議に基づき、会長が委嘱する。

(評議員の職務)

第11条  評議員の職務は、次に揚げるものとする。

(1)    重要案件議決に関すること
(2)    役員の選任に関すること
(3)    校友会行事を推進すること

(役員・評議員の任期)

第12条  役員及び評議員の任期は、それぞれ3年とする。ただし再任を妨げない。

2 後任として就任した役員及び評議員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 役員及び評議員は、任期満了に伴う改選が行われるまで、その職務を遂行する。

第3章      会   議

(総   会)

第13条  総会は定期総会並びに臨時総会とする。

2 定期総会は3カ年につき、1回開催しなければならない。

3 総会不開催の年度においては、評議員会をもって総会に代える。

4 臨時総会は、役員会、評議員会が必要と認めたときは、速やかに開催しなければならない。

(役 員 会)

第14条  役員会は1会計年度につき、2回以上開催しなければならない。

(評 議 員 会)

第15条  評議員会は1会計年度につき、1回以上開催しなければならない。

(議 決 条 件)

第16条  各会議に付される議案は、すべて出席者の過半数の賛成をもって決する。賛否同数の場合は、議長もしくは座長が決する。ただし、会則の制定及び改廃に関する議案については、出席者の三分の二以上賛成とする。

(議 決 事 項)

第17条  総会、役員会、及び評議員会において審議、議決する事項は、前条に規定した本会の組織・事業活動、ならびに役員・評議員の職務に関するものとする。

第4章      会   計

(会   計)

第18条  本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

第19条  本会の財源は、会費及び寄付金等をもってこれに充てる。

第5章      事  務  局

(事務局の設置)

第20条  本会に事務局を設置する。

2 事務局に若干名の事務担当を置く。

第6章        雑    則

(顕   彰)

第21条  会員もしくはその他の者が、本会または本校に対して顕著な貢献があると認められた場合は、役員会の協議により、賞状及び記念品を贈呈して、これを顕彰することができる。

(罰   則)

第22条  会員が本会または本校の名誉を著しく傷つける行為ががあった場合は、役員会は当該会員に対して、除名等の処分をすることができる。

(順 守 事 項)

第23条  会員は、自己または他の会員に、会員名簿の記載事項を訂正する事由が生じた場合は、速やかに本会に通告するものとする。

付   則
1 この会則は、大正14年5月17日施行。
2 昭和51年6月26日改正。
3 昭和53年9月23日改正。
4 昭和56年9月23日改正。
5 昭和57年5月16日改正。
6 平成5年5月23日改正。
7 平成13年4月1日改正。
8 平成16年5月15日改正。
9 平成18年5月27日改正。
10 平成19年10月15日改正